2011年06月14日

NBA頂上決戦終幕


2011


NBA頂上決戦




マブスが制し終幕



いやー終わったねーNBA頂上決戦。最初に少しだけ第6戦を振り返ってみると・・・

マブスが優勝を意識してしまう試合展開かなと思いきや


マイアミが優勝される事を意識した試合やった


マイアミはここ1番の試合で1番集中力のない試合をしてた

そしてここ2試合の大一番の試合で分かったように、移籍してもやはりレブロンは


正念場に弱いレブロンのままやった






個人的にマブスが優勝をするのを観た時


フランチャイズ・プレイヤー率いるチーム


が優勝した事、それにつきた・・・レブロンが以前こう言いはなった


この移籍を優勝することで証明する


と言う言葉が最後までひっかかっていて、マブスの優勝はそれをかき消すようで

心の底からホッとした


そしてファイナルでマイアミ有利のなかノビツキーがエースの存在力を魅せつけ

フランチャイズ・プレイヤーとして優勝をもぎ取る姿をみて・・・



力強い魂を感じ



可憐なプレイに酔いしれ



そして何よりカッコよかった




多分選手達にとったらどんな形であれ優勝することがすべてなのかもしれない・・・それもわかる

でもファンの想いはそれと少し違ってて


選手達が優勝することまでの道のり


そこに真の勝利と優勝を感じるんだとボクは思う・・・マブスの優勝はそれに値する

マブスの選手たち、関係者、ファン、おめでとう



さてNBAファイナル終了


☆マブス4−2マイアミ


5分あたりからの優勝後の舞台裏が凄くよかった







Comment(7) | NBA情報 | 09:22     
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。